千葉県マスコットキャラクター
チーバくん
  1. TOP>
  2. 出展者紹介

出展者紹介

農産物(生鮮のみ) 19社、畜産物(加工品含む) 11社、水産物(加工品含む) 8社、その他 14社の出展各社をご紹介します。

  • 01

    株式会社サーマス

    食糧自給率の低い日本は今後、ますます一次産業の重要性が増していきます。世界に目を向けると、将来的な食糧難に対する不安を払拭する技術開発が望まれています。このような時代背景の中では、従来にない叡知(えいち)をもって問題解決を図っていかなければなりません。当社は、このような社会問題を解決するべく設立致しました。

    ブースNo.C48

  • 02

    株式会社理想郷

    千葉大学院園芸学研究科犬伏和之教授監修のもと、「食味の良いお米の栽培に有効な有機肥料、およびその栽培技術の研究開発」を行っている農業生産法人です。現在は千葉大学と共同研究で培ったノウハウと共同研究有機肥料をもとに、野菜の生産を始め、都内飲食店に、お米と朝収穫野菜セットで自社便での直送販売をしている。

    ブースNo.C49

  • 03

    株式会社エムイーシーフーズ

    弊社は、マルトグループ各社をつなぎ合わせグループ力をさらに高める役割を担う『たまごの総合商社』です。
    人気の「地養卵」をはじめとしたパック卵、温泉卵、液卵や冷凍液卵、その他加工食品まで、さまざまな卵商品を取り扱っております。

    ブースNo.C35

  • 04

    株式会社柏たなか農園

    柏たなか農園は昨今の「もち麦ブーム」が起きる前から「もち麦の健康増進効果」に着目して生産してきましたが、生産量の関係で販売先が東京方面の生協と千葉県柏市内に限られていました。2018年産からは生産量を増やし首都圏での販売先を広げようとしております。「明るく健康的」というイメージを持つ「千葉県産」ブランドが「健康志向」といった農産物に対する都市住民の需要動向に応えるのに威力を発揮すると期待しております。

    ブースNo.C34

  • 05

    川光商事株式会社

    1667年創業 『玉三』のブランドで、白玉粉・きな粉・片栗粉などを製造販売しています。松戸市周辺の江戸川流域は古くから白玉粉の産地として知られていました。当社も松戸の地で長く白玉作りを営んでいます。

    ブースNo.C27

  • 06

    有限会社アルガマリーナ

    (有)アルガマリーナは、以前稼業であったイカ・サバ漁業に従事していた頃から持ち続けていた夢を元に設立した水産食品会社です。低価格魚の付加価値向上を進めることを目的に、全国で最も水揚げ量が多いものの価格が低迷しているカタクチイワシを中心に、ゴマサバ、アラメ等の低利用資源を活用するポリシーを持って経営しています。

    ブースNo.C11

  • 07

    有限会社葉っぱや

    弊社では水耕ハウス栽培された、商標登録商品である「ブーケレタス」を販売しております。北海道から沖縄まで、全国25の生産拠点を有し、新鮮で安全な商品をお届け致します。
    全国の生産者が集まり開催する定期集会や積極的な試食販売などを行い、消費者・販売者・生産者のつながりが強い商品づくりを実践しています。

    ブースNo.C20

  • 08

    株式会社セガワ

    「おいしさは畑から」を念頭に置き、「落花生のあたらしいカタチ」を提案するべく、生産者とスタッフ一丸となり、お客様に満足いただける商品づくりを行なってまいります。

    ブースNo.C46

  • 09

    かずさ和牛肥育研究会

    かずさ和牛の歴史
    千葉県は酪農の発祥地であり、享保13年(1728年)八代目将軍徳川吉宗によりインドから3頭の白い牛が、房総半島の嶺岡地区に放たれたのが始まりとされます。明治に入り明治天皇が牛肉を食べた事がきっかけで、一般庶民にも解禁されました。
    牛肉が普及された現在、千葉県の和牛は関東肉牛枝肉共進会で、毎年優秀な成績を残してます。

    ブースNo.C43

  • 10

    東日本産直ビーフ研究会

    消費者の皆様へ「安心・安全かつ、信頼の持てる高品質な牛肉」を提供します。 生産者をはじめ、飼料、食肉処理、食肉加工、流通において徹底した管理を行い、生産者と消費者の皆様をつなぐ役割を目指しています。
    「千葉しあわせ牛」は、「家族」(消費者)・「環境」(生産地)・「信頼」(生産者)との絆で結ばれています。

    ブースNo.C01

  • 11

    東金元気づくり株式会社

    東金元気づくり株式会社は千葉県東金市に2014年4月にオープンした「産業交流拠点施設 みのりの郷東金」運営のために、東金市・東金商工会議所・JA山武郡市が出資して設立された第三セクターの会社です。東金市で生産される農産物や植木の販売促進はもとより、ご来場の方々に「ウレシイ・オイシイ・タノシイ」を感じていただける、お客様第一主義でサービスをご提供しております。

    ブースNo.C32

  • 12

    有限会社与佐ヱ門

    弊社は市川市で8代続く歴史ある梨農家で、2年間ねかせた熟成堆肥づくりや新鮮な魚や海藻等の施肥、梨の葉一枚一枚に日が当たり実がより美味しくなるような環境づくりなどこだわりの栽培技術を独自に編み出しています。その結果、弊社の梨は「千葉県梨自慢コンテスト2010」で最優秀賞である農林水産大臣賞を受賞するほか、過去3回最優秀賞を受賞しており、全国一の梨生産地である千葉県においてもトップクラスの品質を誇っています。加工品においても開発に一切の妥協はしません。保存料、着色料、香料不使用で安心安全かつ梨本来の味を最大限に引き出すことを念頭に置き、他では味わうことのできない加工品をご提供いたします。

    ブースNo.C09

  • 13

    株式会社千葉豆乃華

    千葉県横芝光町に工場がある利点を活かし、千葉県産の落花生の販売に従事しています。親会社の㈱川越屋とともに経営方針「食品の美味しさと安全・安心の追求にチャレンジする」に取り組み、【美味しい千葉県食品】を各方面に発信します。

    ブースNo.C45

  • 14

    古谷乳業株式会社

    フルヤ乳業は昭和20年千葉県山武郡成東町にて創業以来、国内有数の牛乳生産県千葉県で70年に渡って安全でおいしい牛乳にこだわり続けて参りました。
    その培ってきたノウハウと未来を見据えた研究開発にたゆまぬ努力を続け、お客様一人一人に健康な毎日をお届けする「食の基幹産業」として、これからも発展を続けます。

    ブースNo.C15

  • 15

    株式会社OSMIC

    弊社は、自社開発の有機培土と独自技術で育てた「OSMICトマト」を提供しております。トマトは収穫後にひと粒ずつ糖度を測り、パック詰めしており、トマト好きも納得の酸味と甘さのバランスがとれた「3star」から、フルーツの味わいに進化した「Premium」の4段階の糖度で商品展開をしております。

    ブースNo.C41

  • 16

    海光物産株式会社

    ・今年で創業30周年を迎える船橋港の鮮魚問屋
    ・加工工場も併設し、自社でフィレ加工
    ・『瞬〆®』は弊社の独自技法による「活け締め神経抜き」
    ・代表は東京湾でまき網漁業を営む漁師である
    ・水産物認証を取得し持続可能な漁業を営んでいる

    ブースNo.C50

  • 17

    株式会社新倉

    千葉県鴨川市長狭地区は、江戸時代から良質米の産地として知られており、今から130年ほど前(明治4年)に明治天皇の即位式 【大嘗祭】(だいじょうさい)に献上されるお米「献上米」の栽培地として指名されたほどのお米の産地です。ミネラル分を大量に含んだ『水』、『土(重粘土質)』、そして『太陽』と『農家の愛情』に恵まれ、有名ブランドの『魚沼産コシヒカリ』も美味しいと呼ばれるお米を作る一条件に『蛇紋岩』の大地があり、『献上米』と共通しております。ぜひ最高のお米をご賞味ください。

    ブースNo.C36

  • 18

    山田フードサービス株式会社

    日本一の市原市産梨酢【梨の秘傅】の商品特徴は、①イタリアパルマ生ハムの日本の伝道師である開発者は、伝道師としての知識に裏打ちされた発酵技術をベースに、②原料は気候・川・海の潮風等イタリアのパルマ地方と自然環境がよく似ている市原市産梨100%使い、③お酢研究第一人者である東京農業大学名誉教授小泉幸道先生に、手間暇かけて市原市産梨の芳醇な味と香りを活かした梨酢を製造して頂きました。④無添加(人工甘味料・砂糖・化学調味料・蜂蜜等不使用)

    ブースNo.C05

  • 19

    有限会社丸美ミート

    千葉県匝瑳市で養豚業を営んでいる生産者井上さんがオリーブの絞りかすを加えた穀物主体の配合飼料で愛情込めて育てた豚肉です。とても柔らかく脂肪の美味しい豚肉でミシュラン星付きのお店にも採用されています。是非ご使用の程お願い致します。

    ブースNo.C42

  • 20

    斉藤グループ

    ・GAP取得により、各取引先から視察や商談でトレサビ等が見える事で安心・安全の評価を受け、グループ全体で周年栽培に努めている
    ・現在、グループ4名ですが、内3名がASIAGAPを個人認証で取得。もう1名も今現在、GAP取得に取り組んでいます。
    ・今後は、効率化を図る目的として、業務用にも力を入れていくように努めていければと、グループ内で協議している。
    ・圃場視察・商談等も行っておりますので、宜しくお願い致します。

    ブースNo.C37

  • 21

    株式会社惣左衛門

    本格的な養豚をはじめ55年、市場価格に左右されないブランドの豚肉を作り自分で価格をつけ、納得したお客様に購入していただく。そのための肥育方法のこだわりは、必要最小限の薬剤の使用・抗生物質を含まない自家配合の飼料を毎日作り与えている。安心・安全にこだわった豚肉(柏幻霜ポーク)を生産し販売しています。その肉の良さを更に引き出すために、無添加の加工品を製造しています。

    ブースNo.C23

  • 22

    酒巻農園

    人は食べた物で出来ている。玉ねぎは畑の物で出来ている。だから、畑に入れる物も吟味し、園主自ら土を食べて確認しています。また、食は栄養だけを摂取するのではなく、想いを頂くと考え愛情、感謝を忘れずに農業をしています。人間主体の農業から作物主体の農業へ

    ブースNo.C14

  • 23

    自然農法成田生産組合

    千葉県富里市で45年続いている農家組合です。
    無農薬・無肥料を提唱し、様々な野菜を生産しています。
    アレルギーがある方、家族で安心して食べられる事を念頭に野菜作りを心がけて栽培しています。
    大根・フルーティー人参・小松菜・サツマイモ等を生産しています。

    ブースNo.C38

  • 24

    和田農場

    九十九里海岸近くの砂地で、潮風をたっぷり受けた野菜を育てています。化学合成農薬、化学肥料、除草剤は使いません。控えめな有機肥料でゆっくり育てる。「自然に近い、環境にやさしい農業を」をモットーに、収量や見た目は悪くても薬や肥料に頼らない、本来の味、飽きない味の野菜を届けます。

    ブースNo.C06

  • 25

    千葉県立農業大学校

    本校は、千葉県農業の発展に寄与する優れた担い手及び指導者の育成を教育目標に掲げています。本県唯一の農業研修教育施設として、これまでに2,800名以上の卒業生を社会に送り出しています。その中で今回出品したナシとブルーベリーは、「ちばエコ農産物」「ちばGAP」の認証取得した果樹園芸専攻教室が生産しています。

    ブースNo.C13

  • 26

    フルーツ街道夢農場

    親会社である(有)大雄建材工業の土木業者の強みを活かし、耕作放棄地の田んぼに山砂を客土し畑に整地。2005年ブルーベリーの植栽開始。2007年7月よりブルーベリー摘み取り園としてオープン致しました。2013年より経営を父から引き継ぎ、私(鈴木秀雄)が代表を務めております。観光農園として沢山の人に来ていただき、喜んでもらえるように毎年少しずつでも進化することを心掛け励んでいます。

    ブースNo.C25

  • 27

    株式会社ma'am Pig

    ”健康に勝る美味しさはありません” いつでも『おいしい』と言われる様な豚肉で、後の世代の育ち盛り・食べ盛りの子供達に【安心してお腹いっぱい食べてもらえる豚肉】を提供する事を第一に思っています。健康で美味しい豚肉の可能性を追求しながら、消費者の皆様に供給出来る様スタッフ一丸となり全力を尽くしております。

    ブースNo.C02

  • 28

    柏センコー運輸株式会社

    私たち柏センコー運輸株式会社は千葉県、茨城県にて物流事業を展開している会社です。 チェンジ&チャレンジ精神の基、5年前に新規事業である「アグリ事業」を開始しました。 「健康」をキーワードとした、安心・安全な野菜づくりに取り組んでいます。 是非、カルシウム・マグネシウムを多く含んだグラパラリーフをご賞味ください。

    ブースNo.C33

  • 29

    株式会社エグチライスファーム

    「JGAP認証」「ちばエコ農産物認証」を取得し、安心・安全を基本に、おいしさを追求し、お米を中心とした和食文化と田園風景を次世代へ残すべく日々農業に取り組んでいます。

    ブースNo.C07

  • 30

    株式会社アグリアドバンス

    「平成の名水百選」に選ばれたきれいで豊富な久留里の水を利用した水耕栽培が弊社のストロングポイントです。農業40年以上の経験と技術、天候に左右されないガラス温室、コンピューターによる環境制御、質の高い新鮮な農産物を周年で安定的にご提供できる体制を構築して参りました。皆さまにご信頼いただける生産者であり続けたいと社員、パート従業員一同、日々努力しております。

    ブースNo.C47

  • 31

    株式会社エージーピー

    創業以来培ってきた空港内外の「施設維持管理」や「作業工程管理」などのノウハウを活用し、完全閉鎖型の植物工場でレタスを生産・販売しています。清潔な空間で栽培しているので、生菌数がとても少なく、鮮度が長持ちします。また、栽培環境を高度にコントロールすることで、高品質なレタスを安定的に供給することが可能です。これまで空の安全と安心を守ってきたエージーピーが、次は食の安全・安心を提供していきます。

    ブースNo.C39

  • 32

    株式会社アンドヒューマン

    地元の市川市に密着し、行徳漁協産品を利用したの水産品、市川市の農産品を原料とし、商品製造および開発を行っております。企業理念は①市川市の行徳漁協を中心に、東京湾の漁業文化の発展と継承に貢献する ②市川市でとれる、生鮮3品を中心に地元産品を有効活用し、新たな商品を生み出す③シニア層を中心に、雇用を創出し、地域社会に貢献する

    ブースNo.C40

  • 33

    ちば東葛農業協同組合

    未来へとつながる農業を築きあげ、組合員・地域の皆様と共に豊かな地域社会づくりをめざします。

    ブースNo.C16

  • 34

    五代目 森山清次兵衛

    森山清次兵衛は五代続く水稲農家です。4年前から6次産業化に取り組んでおります。特に玄米の栄養と風味を生かした加工品作りを重視しておりまして、この度食べやすいおかきを完成させました。国内だけではなく海外の多くのお客様に日本の米菓子を味わって頂きたいと思っております。2019年秋に自前のおかき工場を稼働させる予定です。

    ブースNo.C29

  • 35

    株式会社飯塚海苔店

    明治45年創業以来千葉県産海苔を主に海苔の加工・販売を行っております。海苔は自然の産物、全く同じ海苔は一度限り。代々受け継がれた目利きの技で仕分け、品格・用途毎に提供しております。
    創業100年の節目を機に、日本の代表的伝統食品である海苔を見つめなおし、新しい消費スタイルを提案する新商品の開発に取組み、海苔の新たな未来を開拓し続けます。

    ブースNo.C31

  • 36

    株式会社オーク香取ファーム

    当社は平成26年に設立された若い会社ですが、JGAP認証を取得し、また研究開発を進めながら新しい技術を取り入れ、おいしく、安心なミニトマトを栽培しています。これからもみなさまのニーズに合った商品をご提供できるよう、職員一同努力してまいります。

    ブースNo.C21

  • 37

    芳源マッシュルーム株式会社

    芳源マッシュルームでは、美味しいだけでなく安全・安心なマッシュルームをお客様にお届けするため、農薬を使用せずに栽培。一切の手間と労力を惜しむことなく、一つひとつ我が子のように愛情を持って美味しいマッシュルームを育んでいます。マッシュルームは、日本での消費量はまだまだ少ないものの、世界では最も食されているきのこです。肉、野菜、魚どんな食材とでも基本的に相性がよく、時には料理の主役となり、時にはほかの食材の旨みを引き出して、料理をより美味しくしてくれるマルチプレイヤー。マッシュルームをもっと日本の食卓へお届けできるよう、努力を重ねています。

    ブースNo.C10

  • 38

    かえもん農園

    かえもん農園は、障がいをお持ちの方々が農業を通して地元特産品の創出を試みる農園です。農産物の生産から加工、販売に至るまで、6次産業化を意識して、自らのPB(プライベートブランド)の定着を実現します。やがては地域の実情を見据えながら様々な創生農業を展開して、農園が自らの自立の場となる会社を創設してまいります。

    ブースNo.C28

  • 39

    GREEN MIX MARKET

    土に拘っており小松菜を生産しています。1年を通じて365日納品できるような生産体制をとっています。安心・安全・美味しさはもちろんの事、納品数を決めたら納品数を守ることも心がけ毎日生産しております。地域の学校給食やスーパーからも信頼していただきお取引させてもらっています。また最近では千葉市に配送ルートを作り千葉市内であれば毎日納品できます。

    ブースNo.C44

  • 40

    株式会社千葉県食肉公社

    弊社は千葉県北東部の"北総台地"という、畜産の大産地ともいえる地域の中心部に位置しており、その大産地で育まれた畜産物を豊富に取り扱っております。また、2008年10月にISO22000を認証取得し、産地食肉を安心・安全・高品質で食卓へお届けできる仕組みも確立しました。今回は、皆様のご要望にお応えできるよう商品のご提案をさせていただきます。

    ブースNo.C04

  • 41

    有限会社永井商店

    創業以来95年、本物の味を求める和食料亭、そば専門店、ホテル、ラーメン店はもちろん、幼少期から食の大切さを身につけてもらうため、学校給食へ本物の節類をお届けしています。
     また環境への影響を抑えるため、排水は、高性能浄化施設で処理した後、BODを10ppm以下に落とし放流しています。

    ブースNo.C22

  • 42

    富里市農業協同組合

    JA富里市は昭和23年の発足以来、未合併JAとして富里市内で1行政1JAとして事業展開をしてまいりました。 昨今の農業、JAを取り巻く環境・情勢は日々めまぐるしく変化する中、「農業の振興と地域貢献」・「組合員組織の整備と相談体制の強化」・「経営基盤の強化」に取り組んでおります。 また組合員・地域住民の皆様の期待に応えるべくコンプライアンスの遵守とリスク管理の徹底、経営の安定化を図るため、コスト意識の浸透に努めてまいります。私たちJA富里市は、皆様から愛され、地域から必要とされるJAを目指し、役職員一丸となって努力邁進してまいります。今後とも皆様方のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

    ブースNo.C30

  • 43

    金子牧場合同会社

    佐倉市で、50年以上酪農を営んでいます。工場の目の前に牧場があり、新鮮な牛乳で乳製品を作っています。

    ブースNo.C18

  • 44

    有限会社麻兆

    「芳醇ピーナッツ」は千葉県産ピーナッツを弊社の佃煮のタレで煮上げたもので、今までに無かった新しい味と食感です。また、お惣菜おつまみの他に、ふっくらピーナッツの炊き込みご飯がおすすめです。(ぜひご試食下さいませ。)

    ブースNo.C17

  • 45

    株式会社
    YACHIMATA YOSHIKURA

    落花生の名産地千葉県八街市で、最高級品種の落花生「千葉半立」にこだわり、無添加手作りのピーナッツバターを製造しています。八街市内のプロの農家さんの作る落花生を使用した無添加ピーナッツバターの他に、自社と特定農家さんで作った自然栽培(栽培期間無農薬、無肥料、除草剤不使用)千葉半立の薪煎り落花生、またその落花生を使った焼き菓子の製造をしています。

    ブースNo.C19

  • 46

    株式会社正上

    創業寛政十二年 味を造って二百年のキャッチフレーズの下、伝統、伝承の製法や味を守りながらも時代のニーズに合った製品づくりをモットーといたしております。美味しく、安心安全に長期保存ができ、他に類を見ない商品を数多く取り扱っております。弊社社是「お客様の笑顔が一番です」

    ブースNo.C26

  • 47

    伯東商事株式会社

    外房で水揚げされる海産物をメインに取り扱い、港で水揚げされた海産物を目利きした上買い付け、新鮮なまま全国へお届けさせて頂いております。イケスでは活きたまま活かしこみ、工場では冷凍、ボイルなどの加工を行い、いつご注文を頂いても発注が出来るよう十分な在庫を抱えております。

    ブースNo.C03

  • 48

    ハクダイ食品有限会社

    千葉県南房総・千倉で鯨肉の加工と魚の干物を中心に美味しい水産品を加工しています。

    ブースNo.C08

  • 49

    旭食肉協同組合

    当組合は長年、豚肉処理・加工業として、スーパー、飲食店、学校給食などたくさんのお取引先様に豚肉(精肉)を供給してまいりました。近年では千葉県産銘柄豚である「いも豚」を原料とした加工品(ウインナー、ハム・ベーコン)を製造し、さらに多様な食シーンに貢献してまいります。

    ブースNo.C24

  • 50

    千葉県酒類販売株式会社

    地域に根差した総合酒類卸として、「地域社会の繁栄に貢献する」という経営理念に基づき、千葉県産農産物を使用したリキュール、ワインなど千産千消商品の開発、販売に力を入れています。

    ブースNo.C51

  • 51

    株式会社秀穂

    創業40余年で千葉県千葉市に本社を構える当社は、常日頃から千葉県に「恩返し」したいとの思いと更なる地域活性化の為に、「チーバくんラーメンプロジェクト」を立ち上げ、この度千葉県内の生産者様、組合様および事業者様等のご協力のもと、自然豊かな千葉県の地域資源を活用した「チーバくんラーメン」を開発いたしました。

    ブースNo.C12

  • 52

    農事組合法人さんぶ野菜ネットワーク

    有機農業を始めて31年になります。殊に人参は力を入れている作物です。農家の奥さん達の「MOTTAINAI」の思いを原点に、2009年よりジュースの製作を始めました。不器用で技術も無い私たちでしたが、何度も試飲を重ねて品種にこだわり、新潟の津南高原農産のご協力のもと、寒い気候でさらに変身した人参で作るジュースはとても美味しくなりました。

    ブースNo.C52