千葉県マスコットキャラクター
チーバくん
  1. TOP>
  2. 出展者一覧>
  3. 出展者詳細
C43

かずさ和牛肥育研究会

お問い合わせはこちら
【出展品目】 「かずさ和牛」(黒毛和牛)
【商品特徴】 上総の自然で育った「かずさ和牛」は、霜降りでもあっさり食べられる牛肉です。一般的な霜降り牛肉は脂がしつこく、苦手だという方も少なくありません。しかし、かずさ和牛研究会で育てた牛肉は、融点が低くあっさりとした脂質が特徴で、たくさん食べても飽きのこない、さっぱりとした牛肉です。さらに、高品質の飼料にこだわり、水も千葉県にはヨード(千葉県に世界の60%があり)を含んだ豊富な水があり、新鮮で美味しい牛肉です。
【会社概要】 かずさ和牛の歴史
千葉県は酪農の発祥地であり、享保13年(1728年)八代目将軍徳川吉宗によりインドから3頭の白い牛が、房総半島の嶺岡地区に放たれたのが始まりとされます。 明治に入り明治天皇が牛肉を食べた事がきっかけで、一般庶民にも解禁されました。 牛肉が普及された現在、千葉県の和牛は関東肉牛枝肉共進会で、毎年優秀な成績を残してます
【 担 当 者 】 蜂谷良規
【県の施策関連】 チバザビーフ
住 所 千葉市若葉区若松町432-35(千葉県家畜商協同組合)
TEL 043-231-6330
ウェブサイト https://kazusa-wagyu.com/
E-MAIL yoshi1201@bf.wakwak.com